過去の公演開催情報[Archives

Event|公演情報

2018年7月4日(水)

河崎早春の舞台40周年記念公

彼女の場合

舞台で仕事をするようになって40年。

これを機に、様々な活動の中で出会った方々と、新しい事を色々と試してみたいと考えています。

今回がその第一弾、タンゴと語りパフォーマンスのステージです。

世界中にファンを持っていた伝説のタンゴ歌手、藤沢嵐子さんと出会えたのは私にとって大きな経験でした。

これまでご紹介できなかった藤沢さんのとっておきの話や藤沢さんの曲を中心に、古典から現代タンゴまで、歌の中に登場する街角や  酒場にいる女たちの  涙とため息を演じてみたいと思います。

 

前半は、河崎早春の一人芝居や、ひとり語り、そしてタンゴの演奏をお楽しみいただき、

後半は世界的に活躍された歌手、故藤沢嵐子さんのレパートリーを中心に、歌に描かれたドラマチックなタンゴの世界を、音楽と共にお送りします。

「歌い手のいない 歌のタンゴ」と題し、アルゼンチンタンゴの世界で活躍してこられたピアニスト加藤真由美、コントラバス奏者 田中伸司のスタイリッシュな演奏と共にタンゴの世界を楽しんでください。

出  演

河崎 早春

加藤真由美

[ピアニスト]

田中伸司

[コントラバス]

7月4日(水)

昼の部【14:30】

夜の部【18:45】

日  程

前売 3,500円

当日 4,000円

料  金

麻布セントレホール

東京都港区南麻布4-12-25

東京メトロ日比谷線「広尾駅」

1番出口より徒歩6分

入口が目立たないので、通り過ぎないようご注意ください

会  場

フライヤー 表面[クリックで拡大]

フライヤー 裏面[クリックで拡大]

2018年1月8日

耳寄りな…朗読会7

松尾智昭とのユニット、スケルツォの年に一度の本公演。今回は皆様からリクエストのあった「鬼平犯科帳」を二人で語ります。

 

<第一部>

宇野信夫「華燭」

昭和のホームドラマのような世界。

ホッコリとしたユーモア溢れる二人の掛け合いを。

 

<第二部>

池波正太郎「鬼平犯科帳」お熊と茂平

おなじみ、鬼平とお熊ばあさんの手に汗握る捕物の世界を二人で軽妙に語ります。

1月8(月)14時開(成人の日)

日  程

千代田区立 内幸町ホール

会  場

3,000円(学生:2,000円)

料  金

内幸町A5番出口から後方の「内幸町交差点」信号を渡らず右折し「国会通り」の右側にホール入口。徒歩5分

都営三田線

新橋駅7番出口に向かい内幸町地下通路(E 内幸町 日比谷)より徒歩5分

東京メトロ

銀座線

新橋駅7番出口に向かい内幸町地下通路(E 内幸町 日比谷)より徒歩5分

都営浅草線

新橋駅(日比谷口)より第一ホテル東京方面広場より階段を下る。徒歩5分

JR

フライヤー 表面[クリックで拡大]

フライヤー 裏面[クリックで拡大]

※以下のアーカイブは、まだ全てのスタンバイが完了していませんが、随時追加掲載していますので今暫くお待ちください。

現状、2013年分までの公開ができています。

これまでの公演[アーカイブス]

※各項目をクリックするとウインドウが開きます。

東京都港区南麻布4-12-25

東京メトロ日比谷線「広尾駅」

1番出口より徒歩6分

フライヤー 表面

フライヤー 裏面

フライヤー 表面

フライヤー 裏面