過去の公演開催情報[Archives

Event|公演情報

2015年5月2日

樋口一葉お誕生日公演「われから」

樋口一葉お誕生日公演 WAREKARA「われから」

会場:千代田区立内幸町ホール PM14:00~

 

二代に渡っての魔性の女の業を描いた、なかなか面白いストーリーです。

わかりにくいと言われる文語体ですが、そこはいつもの私たちの舞台。

今回も雑談をまじえながら、楽しく、わかりやすくお送りしました。

新内剛士さんの新内節からも、せつなく、その時代の匂いが伝わってきました。

 

千代田区立内幸町ホールの館長さんから「一葉のお誕生日に朗読しませんか?」とお声をかけていただいたのが、一昨年。

一葉生誕の地に建てられている、内幸町ホールでは、毎年一葉ゆかりの公演を

主催しています。松尾智昭さんと私と2人で「掛合い朗読」という方法で毎年1月に朗読公演を行っていましたが、ホールの皆さんがこのスタイルを気に入ってくださったのです。

 

「掛け合い朗読」は、モグラたたきのように2人が言葉を掛け合って行く、私たち独特の手法です。

コミカルな語り口の中に、歌あり即興の効果音あり、笑いあり。しかし樋口一葉の美しい文体は、その手法ではちょっと難しいと思いました。

でも2人でやることで、もしかしたら一人で読むのとは違った世界が作れるかもしれない…と考え、お引き受けすることにしました。

 

「たけくらべ」を2人で、「十三夜」と「わかれ道」はそれぞれが一人芝居の形で。

新内節の新内剛士さんという素敵な共演者も加わり、名作勢揃いの公演となりました。すると今度は「ぜひこのスタイルで毎年…」とのお言葉。

1回きりだと思ったので3作品を頑張ってしまったけれど、次はそうはいきません。

2年目は「にごりえ」をじっくりと3人の朗読でとりあげました。

さて、3年目。次はどうしようと考えて、大きな壁に当たりました。

一葉の小説は、有名な作品を除くと朗読するには大変難しい文章ばかりなのです。朗読会などで全く取り上げられていない理由がわかりました。

でも、「ここでくじけてはならない」と、松尾さんと2人で悪戦苦闘。そうしていくうちに、2人でやるからこそ、立体的にしていくことが出来ることに気づきました。わかりにくいところは、おしゃべりでつなげばいい!そうして稽古しているうちに、「われから」の世界が、俄然面白くなってきました。

「よし、これならいける!」思った以上に、会場からのお客様の反応が伝わってきて、「いままでで一番面白かった」という方も多く、ホッといたしました。

 

また、新たなスケルツォの試みが、ひとつ実を結びました。最後にアンコールにお応えして、新内剛士さんが「明烏」を語り新内の余韻に包まれて帰路についていただきました。

今回は満席でお断りした方も多く、来年は2回、5月1日(日)、2日(月)の昼に公演いたします。

フライヤー 表面[クリックで拡大]

フライヤー 裏面[クリックで拡大]

公演の様子

2015年4月11日

朗読で味わう文学「円地文子」

場所:目白台図書館

「菊車」朗読 田中泰子

「化性」朗読 河崎早春

 

歌舞伎役者の妻を主人公に、静かに火花を散らす、女の内面を描いた、いかにもストーリーテラーの円地文子らしい作品を読ませていただきました。

ぜひ、いつか再演したいと思います。

2015年3月8日

箏と朗読による宮城道雄の世界

チャリティ朗読会「箏と朗読による宮城道雄の世界」

場所:赤坂区民センターホール

主催:NPO日本朗読文化協会

出演:生田流箏曲 学術博士 安藤政輝 ほか

    NPO日本朗読文化協会 講師

 

「春の海」の作曲者で知られる宮城道雄は、子供の時に失明しましたが、独特の音楽感覚を持って素晴らしい曲を次々に生み出しています。

彼の残した珠玉のエッセイの朗読と、箏の演奏で、宮城道雄の世界を堪能していただきました。

2015年2月7日

林芙美子「晩菊」

場所:カフェ・セピア

 

かつて美貌でもてはやされた芸者、きんが、老年になって昔の男と再会。静かな中に、鬼気迫る男と女の心理バトル。

成瀬巳喜男の映画にもなった「晩菊」は、女性の作家ならではの視線で、男女の心理を滑稽なまでにえぐり出した作品です。杉井和子先生による文学のお話しに合わせて、朗読いたしました。

「河崎さん、そこはこう解釈すると、どんな読みになるかしら」

という先生の注文に合わせて、朗読も千変万化。

会場の皆さんからも、質問やご意見が飛び交い、あっという間の二時間でした。

これまでの公演[アーカイブス]

※各項目をクリックするとウインドウが開きます。

フライヤー 表面

フライヤー 裏面